記事一覧

#コミティア123作品感想 8 「ネネトの嫌いな先生」「10万回のお礼」「AIはコミティアで50部完売の夢を見るか」「エンチャントランド」「ビスキィの冒険」「夢見が丘のりる」

ネネトの嫌いな先生 ある男が村の外れに住み着く。男に薬草学を習う村の娘は少女から大人の女へと成長していくのに、男はまったく年を取ることがない…… 例えば紙に印刷されたまんがの中の登場人物は歳を取ることもなく、紙が朽ちても版を重ねてその姿を保ち続ける。子供の頃好きだったまんがの登場人物の年齢を、基底現実の自分がいつの間にか追い越してしまった、ということはコミティアに参加しているような方なら経験があるだ...

続きを読む

#コミティア123作品感想 7「空ニ落チル」「SCALE 1/1」「ハーヴェスト」「イラストで巡る東京港の貨物鉄道今昔」「new work place」「FOURTEEN 3」「植物学者マナと森のどうぶつたち」「カッパ相談」「LITTLE PORT MAGAZINE」

 180218に行われたコミティア見本誌読書会で読んだ本について会場でタブレットPCを使って書いたテキストファイルが電池切れで消えてしまったのでなんとかグーグル検索などを駆使ししてタイトルを思い出して書こうとしているんですがぜんぜん思い出せない。タイトルかあるいは作者さまさえわかればそれで見本画像をググって表示してあとはずるずると思い出せるんですがタイトルが思い出せないものはもう初めから読んでいないのと...

続きを読む

#コミティア123作品感想 6「星空食堂」「逃走のヂンタ」「おやじメイド vol.15」「名古屋てくてくウォーキング」

 180218に池袋で開催されたコミティア123見本誌読書会に参加してきました。 見本誌読書会は先週開催されたコミティア123でサークル参加者が運営に提出した見本誌を、自由に見ていいというイベントです。 いつもは明治大学の講義室のようなところなんですが今回は発表会でも行うような壇があるわりと広めの部屋でした。机がコミティアでいう島のような感じで置いてあり、そこに同人誌が山積みされていてどれを読んでもいい...

続きを読む

#コミティア123作品感想 5 「うかれて除夜の鐘」「モノラル」「アイドルさん、スーパーへゆくの巻」

うかれて除夜の鐘 image labo うかれると体が浮く女の子と大晦日の深夜に初詣に行く。主人公の中学生男子ポッカと浮く女の子どんちゃんはクラスメイトであろう。彼らが大晦日という、子供が深夜に出かけても不自然でない特別な時間に一緒に出かけるというシチュエーションがいい。 彼らは寺に除夜の鐘を撞きにいくわけだが、途中でどんちゃんがうかれて空に浮かんでしまうというハプニングが起きる。俯瞰アオリ俯瞰俯瞰アオリ俯...

続きを読む

#コミティア123作品感想 4 「ニューテレポーテーション」

ニューテレポーテーション 高橋由紀 まんがで誰もいない背景のコマ(カラ舞台)があり、次に同じ背景の上にキャラが描かれたコマがあったらそれは「テレポーテーションでキャラクターがその舞台に出現した」ということを示す。現実的に考えて人間が瞬間移動することはありえない。映画でも同じことはできるが、それは役者が歩いて移動してそこに立った過程を撮影を一旦止めることで飛ばしているのである。 しかしまんがでは、キ...

続きを読む

訪問者数

プロフィール

kurobokuya

Author:kurobokuya






掲載作品一覧→http://kurobokuya.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

最新コメント