記事一覧

#創作同人電子書籍 紹介 「はてな村奇譚」小島アジコ

「はてな村奇譚」小島アジコ 京都の片隅にあるという「はてな村」に迷い込んだ男。はてなブログなどのインターネットサービスのディープユーザーが形成するコミュニティがはてな村と呼ばれているらしいがこのまんがは実在の人物や団体とは一切関係がない。はず。 はてな村の住民は、自分が書いたブログに読者の反応があるということを糧として生きている。彼らはブックマークという餌を食うことで人間ではない異形の姿と化してい...

続きを読む

#創作同人電子書籍 紹介 「ソラガクレ忍伝」一二三いろは

{ソラガクレ忍伝}[一二三いろは] 作者さまが中学生のときに描いたまんがである。こういったものは、中学生の時に友達に見せてもらうくらいしか見る機会はなかったのだが、電子書籍で誰もが作品を公開できる時代になって他人の黒歴史を覗くことができるようになった。 中学生のわりには絵はこなれている。字も丁寧で見やすい。ロボットが世界を支配しつつあるなか、最後に残った忍者一族の末裔が敵の親玉を倒しに行くというスト...

続きを読む

#創作同人電子書籍 紹介 「インコンニウスの城砦」野村亮馬

「インコンニウスの城砦」野村亮馬 モノクロまんが197頁。アフタヌーンで連載されていた「ベントラーベントラー」などの著作がある作者さまの自主制作オリジナルレーベル「馬頭電書」から出版された創作同人電子書籍である。 北半球と南半球の国が争っている世界。孤児の少年が南球軍に属するスパイになり、北球軍の軍事工場に労働者として潜入する。北球軍は果たしてどんな兵器をつくっているのだろうか…… 少年は軍需工場で...

続きを読む

#創作同人電子書籍 紹介 「うちの猫ず日記(にゃんずダイアリー)」がぁさん

{うちの猫ず日記(にゃんずダイアリー)}[がぁさん] モノクロまんが168頁。 作者さまの飼った数多くの猫たちの実録まんがである。作者さまの家は猫屋敷である。いつの間にか庭に見知らぬ猫が来ていたり、猫が自由に入れるドアから気が付くと野良猫が混じって入ってきたりしてどんどん数が増えていく。新しい猫が来た時、初めはケンカになったがだんだん慣れてきたりと、今までいた猫たちとの猫関係が変化していくところが面...

続きを読む

#創作同人電子書籍 紹介 「LETTER / Maurice」コドモペーパー

{LETTER / Maurice}[コドモペーパー] 短編モノクロまんが3編収録30頁。切り絵で作成されているまんがである。 「LETTER」 幼稚園の隣りにあった家に住んでいた幽霊と友だちになった子ども。毎年冬になると幽霊から手紙が来て家に誘われる。月日が流れ子どもたちは成長していくが幽霊は初めて会ったときのままの姿である。実は子どもたちには幽霊の姿が少しずつ見えにくくなっている。子どもたちが大人になった時、幽霊は完...

続きを読む

#創作同人電子書籍 紹介 「カカ島区博物誌」秋元なおと

{カカ島区博物誌}[秋元なおと]  171頁モノクロまんが。 四百年後の未来社会を描いたSF。過度な繁栄を誇った古文明は崩壊し、高層ビルだった残骸は森に飲み込まれた。人口は激減し、人類は地球環境に負担をかけないように自給自足に近い最小限の生活をしている。科学技術は少ないリソースからエネルギーを最大効率で取り出せるように進化した。車はボトル一杯のアルコールで遠くまで走るがスピードは自転車程度しか出ないしサ...

続きを読む

#創作同人電子書籍 紹介 「上京物語特別版」田口始

{上京物語特別版}[田口始] カラオケバイト編:作者さまが深夜のカラオケボックスでバイトした経験をまんがにされたものである。場末の深夜なので客の質がひどい。食い逃げが発生し、酔っ払いが立ち小便をし、ヤンキーが乱闘し、老夫婦が個室で●●●●する。ひ、ひどい……。小汚い店内の絵がいい。 ゲームデバッグ編:発売前のゲームをひたすらプレイしてバグを探すバイトの経験をまんが化したもの。楽しいはずのゲームなのに、バグ...

続きを読む

#創作同人電子書籍 紹介 「自転車とミシンの狂想曲」toMo

{自転車とミシンの狂想曲}[toMo] 31頁モノクロまんが。 スポーツ用自転車でよく遠乗りをする作者さま。自転車を漕いでいるとズボンの股の部分が擦れて穴が空いてしまう。また、尻ポケットに財布を入れていると汗でベトベトになってしまう上に漕ぎづらい。ので自分でミシンを買ってサイクリングに適した服を作ることにしたという実録まんがである。実際にミシンを使って服をつくる過程が描いてあって面白い。...

続きを読む

170701八千代中央図書館二周年祭に参加する

170701~02にかけて千葉県八千代市の八千代中央図書館で開催された図書館開館二周年祭で自分の塗り絵が配布されました。で、自分も会場に行って子どもたちに混ざって自分の線画に色を塗ってみました。これが線画でクリップスタジオペイントというPCソフトで塗ったものがこれ会場で色鉛筆で塗り絵したものがこれです。(雲と人物で光源が逆になってしまった)自分で塗ってみてわかったのですが、・線が細すぎてはみ出さないように塗...

続きを読む

訪問者数

プロフィール

kurobokuya

Author:kurobokuya






掲載作品一覧→http://kurobokuya.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

最新コメント