記事一覧

海外まんが紹介  「純姫(スニ)」李賢世(イヒョンセ) 2


 前回に引き続き韓国まんが「純姫(スニ)」のご紹介です。

 スニは麦の女一味の強盗事件で人質にされた者として世間の注目を浴び、取材攻めにされる。そして自宅まで突撃取材に来た新聞記者に強姦されそうになる。だがそこに幼馴染の男チャンスが現れる。チャンスは親同士がスニとの結婚を約束した男である。チャンスはスニを救う。スニとチャンスは瓜畑の中で交わる。スニはチャンスと結婚する気でいた。しかしチャンスは田舎町を飛び出してソウルの大学に進んだ大学生である。韓国は極端な学歴社会であるので大学生イコールエリートである。チャンスは親が勝手に決めたスニとの結婚の約束を反故にし、ソウルの大学で首席の女学生と結婚をすることを親に報告するために田舎町に帰ってきていたのであった。チャンスは一度交わった女性であるにもかかわらず、スニを激しく遠ざける。季節は巡り、スニは妊娠していることを知る……

 スニは堕胎するためにゴミ?を無理に食べる。何を食べているのかは解説がないが、韓国ではしょうゆを飲み干したり、変なものを食べると流産するという民間伝承があるらしい。悪いものを食べて気絶して病院に担ぎ込まれ、そこで義父のトクペはスニが妊娠したことを知る。誰に妊娠させられたか吐かせようとしてスニを激しく折檻するトクペ。その様子は田舎町の皆に知られてしまう。ボロボロになったスニは着の身着のままで家を出てソウルで一人で生きて行くことを決意する……ここでスニが、木に引っかかった凧を解いて空に放つ場面は暗示的映画的なすぐれた表現である。

 ここで妊娠した子供は結局流産はしなかったが、以降赤ん坊は出てこないのでこの場面で堕胎手術をしたのであろう。本作は週刊連載だったので毎週の締切に追われストーリーが必ずしも完璧に予定通りに進んでいったわけではないと巻末のインタビューで作者さまが語っている。韓国のストーリーでは主人公がとことん悲惨な目に遭うものが受けると聞いたことがある。この後もスニは社会の底辺を放浪していくことになる……

 続く。
関連記事
スポンサーサイト