FC2ブログ

記事一覧

#コミティア126感想 見本誌読書会で読んだ本2

引き続きコミティア見本誌読書会で読んだ本について書いていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



「禁区due」 暴想舎

 映画をモチーフにした作品のアンソロジー。「8mmとハンブン」マッシモロッシ 大学生の映画部が学生生活の最後にゾンビ映画を撮影している。外部から招いた主役は映画製作をお遊びとしか考えておらずやる気がなく、映画をぶち壊しにしようとする。そのとき、映画部の目立たない女子部員が血糊を全身に被りゾンビ役を買って出る。迫真の演技で映画は学生の作品としては成功したが主人公は映画の道には進まずサラリーマンになった……
 プロを目指しているわけではないアマチュアであっても、創作に対し本気を出すことの尊さを描いたよい短編まんがである。この女子部員が映画撮影においてどのような役割をしていたかが一齣でもいいから描いてあるとなおよかった。






「藻に服す人」 茶武芋

 食事にわかめしか出ない家の少女。家に謎の同居人が来たときから全ての食事がわかめになり、学校に持っていく弁当も弁当箱にぎっしり詰められたふえるわかめだけになって少女はクラスで孤立する……
 わかめしか食べさせてもらえないという状況にインパクトがあるし、なぜわかめだけなのかという理由がシュールで面白い。




(リンク先なし)

「コミティア参加者がダイビングを始めるべき理由」SATORIP

 雑誌のダイビング特集のような……というかほぼ商業雑誌の特集のクオリティの記事。2色刷りで無料というのがすごい。記事のレイアウトは商業雑誌そのものの職人的見事さであり、イラストもレベルが高い。どこの企業が出していてもおかしくない完成度である。







「世界が終わり平成の終わりが始まった」朱民

 今上天皇(念の為書いておくが今上天皇とは特定の人物を指すのではなく役職名のことであり、特定の人物のことではないので陛下を付ける必要もない)が体調の不安を訴えたため、肉体を改造して延命した結果平成が永遠に続くようになった日本。アンチエイジング→サイボーグ→完全機械化→身体を捨てたブラックボックス化→無限複製情報体と進化した結果、今上天皇は無限の寿命を得て平成が一万年以上続くようになった。日本の領土も拡大し、銀河系規模にまで増大したが、人類より先に存在した超文明と接触してしまい宇宙戦争になり日本は甲府盆地を除いて滅亡させられてしまった……平成が終わるという時事ネタから宇宙スケールのSFに発展させるスケールのインフレが面白い。



(リンク先なし)

「LARRE DI SUOCERA」HOWLING DONUTS RECORDS

 男女が目を覚ますと砂漠の真ん中にいた。ガソリンの切れた車に大量の水が載っている他は何もなかった……ミステリのような謎めいた出だしでこれからデスゲームでも始まるのか……と思わせておいてしょうもない落ちがつくところが面白い。絵がかっこいいのでギャグのくだらなさとギャップがあっていい。
 タイトルもサークル名も難解過ぎてググれない。
関連記事
スポンサーサイト