FC2ブログ

記事一覧

#創作同人電子書籍 紹介 「無害な烙印」陽丘ハオ #SF #パニックホラー

19103003.jpg

「無害な烙印」陽丘ハオ #SF #パニックホラー

 モノクロまんが31頁。

 ムガイと呼ばれる謎の巨大昆虫のような生物が現れる現代日本。主人公の男テンは高層ビルのレストランで彼女に結婚を迫るべく食事をしていました。
 そこに象程もある巨大なカブトムシのようなムガイが乱入! テンはムガイの体液を浴びてしまいます。
 未知の生物の体液を浴びたテンを、病気の恐れがあると思ったのか彼女はあっさりと振って去っていきます。
 職場でも、ムガイと接触したらしいという噂が広まりテンは露骨に差別され、解雇を切り出されます。家では自分の体がムガイに変わってしまう夢に怯えるテン。
 そこに、同じくムガイの体液を浴びたと思われる何者かからメールが届きます。彼女も職も何もかも失ったテンは、その何者かに会うために旅に出るのでした……

ほー ムガイは虫のような蜘蛛のような、巨大な異形の姿をした生物なのですが、特にオカルトやSF的なものではなく、作中では畑を荒らすイノシシと同じ程度のものと思われているようです。
 レストランに闖入したムガイを、店員が普通に蹴ったり殴ったりして追い出そうとし、ムガイを追い出す手慣れた業者のような人達がいたりと、あくまで日常の範囲内の脅威として描かれているのが面白いところです。
 未知の生物に人々が怯えるパニックホラーというよりは、学校に鹿が来たというぐらいの日常と非日常のバランスが面白い作品です。

 普通のパニックホラー作品であれば主人公はムガイの体液を浴びたことにより何か肉体的に特別な点を得てそれが物語を進める力となっていくのでしょう。しかし無害な烙印というタイトルから考えるとちょっと違った展開が待っているのかな? 異形の生物がいる普通の社会という、日常と非日常のバランスが面白い作品です。

 あと表紙は美しいのですが内容がわかりづらいかも……


関連記事
スポンサーサイト



訪問者数

プロフィール

kurobokuya

Author:kurobokuya



クロ僕屋の本をお探しなら






「創作同人電子書籍」のレビューが読みたいならこの記事!






最新コメント