記事一覧

コミティア121見本誌読書会で見た本4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「笑い男」アズキカン

新種のワライダケを食べてしまい十年間笑うのが止まらなくなると医者に宣告された男。

職場を追い出されていきついた先はサーカスのピエロだった。ピエロとして意識的に人を笑わせる仕事をしているうち、疎ましいだけだった笑いの症状がむしろ楽しくなってくる。しかし同時にある不安がよぎる。笑いキノコの成分が切れたら自分はどうなる……

初めは仕方なくやっていた仕事があるとき天職に思えてくるということは人生においてよくあることだと思う。もはやきっかけが何だったのかということは問題にならず、今笑っているということが男のアイデンティティになっていく……人生というものを描いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「バイオ系テクニシャンの身辺雑記」よーろぴあん
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=63005637
研究室で動物実験の補助をする技術職員である作者さまの実体験をまんがにしたものである。

メスを殺す凶暴な実験用マウスの体外受精率が通常マウスの2倍であったとか、事実に基づく実験の様子が描いてあって面白い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「まほろガイスト」FlyingU


骸骨先輩(しゃれこ先輩)のキャラがいい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ただいま収蔵品整理中!」キツネの窓
https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64239164
郷土資料館で発掘品の資料の整理のバイトをした体験を四コマまんがにしたもの。資料整理の実務が描かれている。極端にコミカルなところはないが四コマとして落ちがついていて楽しいまんがに仕上がっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ペットボトルの育て方」sheep factory
http://www.sheepfactory.org/books/petbottle/
ペットボトルを育てるペットボトル農家に密着取材するという体の不条理絵本作品。絵本らしく淡々とナレーションが進むのだがまずペットボトルそっちのけで、娘の日記を勝手に読んでブログにアップするという農家のヒカリンのだめすぎる日常が描かれていて笑う。なんかいい話ふうにまとめるところもいい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
関連記事
スポンサーサイト