FC2ブログ

記事一覧

#創作同人電子書籍 紹介 ウチヤマユージ「夏の十字架」#裏社会 #犯罪 #ヤクザ #死

20010601.jpg
ウチヤマユージ「夏の十字架」#裏社会 #犯罪 #ヤクザ #死

 モノクロまんが257頁。「夏の十字架」「ちりぬるを」「カナシミ」「はじまりの恋のはじまり」「honeycomb」の5本が収められた作品集。

 「夏の十字架」
 麻薬の売人から覚醒剤を買おうとする女子高生エナ。しかし金がないので売人に軽くあしらわれる……
 一方、麻薬の売人から大麻を買う男。冴えない親爺という見た目のツミキはジャンキーというにはあまりにも普通過ぎる。しかもやたら羽振りがいい……この親爺、何者?
 エナは自分を買わないかとツミキに売春を持ちかける。性欲のまったくなさそうなツミキは一旦は断るものの、結局エナを買い、とくに何をするでもなくマンションの一室で共同生活を始める……
 ツミキは銀行員で、ヤクザのマネーロンダリングをしていたという。ツミキは売人の男たちが密売で得た金を、宗教法人を通すことで普通に使える金にすることを持ちかけてくるのですが……

裏社会のリアリティ



 売人が自動販売機の取り出し口にブツを入れた後、買い手が飲み物を買うふりをしてブツを取り出すなど、麻薬の取引方法がリアルに描かれます。また、麻薬を売って不正に得た普通には使えない金を、宗教法人の職員になることでお布施という形で非課税で宗教法人に収め、そこから給与と言う形で戻して正当な金にするなど、マネーロンダリングの方法が具体的に詳しく描かれます。これらのリアリティが、裏社会を描いたこの作品を支えています。

絵の軽妙さ



 またシンプルな描線と影によってのみ示される絵が軽妙です。特に、彼らが旅先で見る、青空の下地平まで道路が続いているような絵は、鈴木英人先生のリーニュクレールによって描かれたイラストレーションのような空気感があります。

しみじみ はたしてツミキはなぜ大麻を欲したのか……まったく普通の親爺にしか見えないツミキの目的は一体なんなのか……それが明らかになるまで100頁を超す大作ですが、読者をぐいぐいと引張り読ませる力のある作品です。

本作は定額読み放題サービスkindle unlimited対応作品です。








関連記事
スポンサーサイト



訪問者数

プロフィール

kurobokuya

Author:kurobokuya



クロ僕屋の本をお探しなら






「創作同人電子書籍」のレビューが読みたいならこの記事!






最新コメント