FC2ブログ

記事一覧

#創作同人電子書籍 紹介 太田垣康男「東方機神傳承譚ボロブドゥール」#SF #巨大ロボ #ディストピア

20011901.jpg

太田垣康男「東方機神傳承譚ボロブドゥール」#SF #巨大ロボ #ディストピア

 グレースケールまんが223頁。

 仏教のような宗教が世界を支配している時代。主人公アロンは姉を殺した僧兵を殺したため死罪とされ、他の多くの罪人と共に牢に幽閉されています。
 この国家は、機神と呼ばれる巨大ロボの軍事力によって世界を支配するに至ったのですが、機神は人間を溶かした肉でできているのです。
 機神を建造するには人間の肉が必要……そのため国家は罪人を厳しく取り締まり、肉となる生け贄を集めているのです。アロンら罪人たちは、溶かされて機神の肉にされるために囚われていたのでした……

 宗教に基づく有機的なメカ……前時代的な宗教観が人々を支配している中で、ロボの動力源は原子炉のような機械だったり、機械と宗教の入り交じる世界観が面白い作品です。
 多くの罪人たちを炉に蹴落として溶かし、絞り出した肉をムリムリと巨大な骨格に塗りつけ巨大ロボが生成されていく描写が、国家の安寧を大義に残虐非道を正当化する腐った体制を物語っています。

 アロンらは機神の肉にされる運命なのですが、その前に罪人たちを殴り合わせ、勝った者たちを古い機神に乗せて殺し合わせるという、古代ローマのコロシアムを思わせる祭りが行われることになります。
 アロンはその祭りで、機神に乗って反乱を起こし罪人たちを解放することを目論むのですが……

うおお
 主人公らがひたすら弾圧されるという息詰まるストーリーではありますが、その鬱憤を晴らすべく終盤でアロンの乗った巨大ロボが大暴れ。巨大ロボ同士のド迫力バトルも見どころ。
 また機神以外にも、空飛ぶ寺院風の空中戦艦など、仏教のような宗教が支配するSF世界という世界観が表れています。
 宗教を大義名分に大衆を押さえつける腐った体制、そしてそれに反乱する男の怒りが世界を変えていく……というストーリーも見事。また、一見して敵に見えたゴウドが最終局面でアロンの力になったり、体制側の親方がアロンに力を貸してくれたりとキャラクターにも魅力があります。
 
 絶版になった作品を代行業者を通じて電子書籍化したものと思われます。
 圧倒的な画力と世界観、迫力のあるバトル……読み応えのあるSF作品です。




本作は定額読み放題サービスkindle unlimited対応作品です。







関連記事
スポンサーサイト



訪問者数

プロフィール

kurobokuya

Author:kurobokuya



クロ僕屋の本をお探しなら






「創作同人電子書籍」のレビューが読みたいならこの記事!






最新コメント