FC2ブログ

記事一覧

171126「イラスト教室 2コマ漫画に挑戦!」のお知らせ

 クロ僕屋は171126(日)に千葉県八千代市八千代中央図書館で行われる「イラスト教室 2コマ漫画に挑戦!」で講師を務めさせていただきます。
修正1126キャプチャ


 予約が必要で←電話なしで当日飛び入りで入っても問題ないそうです
 参加費が500円かかってしまうのですがまだまだ間に合います。終了時にみんなの作品と、コマ割りについて解説したもの、おまけでわたしの過去まんが作品が入った小冊子が手に入ります。
 図書館は土日もやっていて、電話は20時まで受け付けているようです。WEBフォームはないようなので直接電話でお申し込み下さい。

電話 047-406-4116
ウエブサイト http://yachiyo-library-gallery.jp/gallery/





 2015年に開設されたばかりの新しい図書館である八千代中央図書館にはかなり大きなギャラリーが併設されていて、そこで絵画教室であるとか、陶芸教室のような日曜教室が行われているのですが、それのまんがバージョンとしてまんがの授業を行うことになりました。
 まんがとイラストとの最大の違いはまんがにはコマが複数あることだと考えています。日本語の「漫画」は気の向くままに描いた絵、というような、「絵」の一種であるような名称がつけられています。実際に、漫画という呼称が使われはじめた時代にはコマなどというものはなく、漫画はただ面白おかしい絵だったりしたわけです。
 英語ではまんがのことをcomic strip、もしくはsequential artといいます。これはどちらも「ひと続きのもの」という意味であり、すなわち絵を描いた多くのコマが連続していることを表しています。
 コマが複数あることによって、コマとコマとの間に一枚の絵ではありえない「文脈(コンテクスト)」が生まれ、それがまんがをまんがたらしめる最大の要因となるのです。
 
 ただ実際の授業ではこのような固いことは言わず、コマが複数あることによって一枚の絵とは違うものが生まれるということを実感してもらうため、2コマまんがの空白を埋めてもらう課題を出します。とくにオチがついていたり笑えたりする必要はなく、コマとコマの関係によってあらたな意味が生まれるということを実感してもらうためのものです。

090_おにぎり0009
この絵と、
















090_おにぎり0010
この絵が















090_おにぎり0090
「コマ」として並ぶと一枚一枚の絵とは違った何かが感じられませんか?

 参加者全員に2コマまんがを描いてもらい、その後それらについて講評を行います。最後に全員の作品をコピーしたものをまとめた簡易コピー誌を参加者全員に配布いたします。
関連記事
スポンサーサイト