記事一覧

 「異土間行商人1+2」kindle unlimited登録

 「異土間行商人1+2」をkindle unlimitedに登録しました。

 kindle unlimitedは月にいくら払うと電子書籍が読み放題というサービスです。
 つまり会費さえ払っていればただで読めます。
 これが導入された直後は多くのまんがが読み放題になったのですが、しばらくして出版社側が続々とkindle unlimited登録を解除したのでやや寂しいことになっています。
  印税は読んだ頁数×0.5円が会員が払った会費全体の中から支払われるそうです。一冊購入するより印税が低くなるので出版社はそれを敬遠したのでしょうが、自分もそうなのですがkindle unlimitedで読んだ本の中で面白かったものは普通に何冊も買いました。とくにマイナーなまんが、つまり創作同人電子書籍などは雑誌でも読めず見る機会がありません。借りた雑誌などでただで見たことのあるまんがを、数年後に欲しくなるということは自分はかなりの頻度であります。
 で、前々から自作をkindle unlimitedに登録しようと思っていたのですが、手続きがややこしいところがあります。

 ある電子書籍をkindle unlimitedに登録するためには、他の電子書籍配信社で配信されていない独占状態にしなければいけません。
 「異土間行商人1+2」はbookwalkerでも配信されていたので、まずそれを配信停止にしなければいけない。
 配信停止の申請が通れば配信が止まるが、正月休みだったので時間がかかりました。

 あとややこしいところなのですが

 ●kindle
 kindleで配信されていた電子書籍が配信停止になったとしても、配信停止前に買っていた人はダウンロードすることはできる。

 ●bookwalker
 bookwalkerで配信されていた電子書籍が配信停止になった場合、ユーザーがその電子書籍を端末から削除してしまうと再ダウンロードすることはできない。
 作者側が同じ本の配信を再び始めて復活させることは可能。

配信社によって挙動が異なることがわかりました。
 「異土間行商人1+2」はとりあえず1月2月中までkindle unlimitedで読み放題状態にしておきます。

 うちの電子書籍はkindleがメインなのですがbookwalkerのほうもけっこう捌けているのでどちらにも登録したい。kindleが印税35%なのに対しbookwalkerは50%なのでなるべくbookwalkerの方で捌けてくれたほうがありがたい。しかしbookwalkerにも登録しているとkindle unlimitedに登録できないので一旦解除しなければならない。一本に絞るべきか手広く行くべきか、悩むところです。



関連記事
スポンサーサイト