FC2ブログ

記事一覧

#コミティア123作品感想 7「空ニ落チル」「SCALE 1/1」「ハーヴェスト」「イラストで巡る東京港の貨物鉄道今昔」「new work place」「FOURTEEN 3」「植物学者マナと森のどうぶつたち」「カッパ相談」「LITTLE PORT MAGAZINE」

 180218に行われたコミティア見本誌読書会で読んだ本について会場でタブレットPCを使って書いたテキストファイルが電池切れで消えてしまったのでなんとかグーグル検索などを駆使ししてタイトルを思い出して書こうとしているんですがぜんぜん思い出せない。タイトルかあるいは作者さまさえわかればそれで見本画像をググって表示してあとはずるずると思い出せるんですがタイトルが思い出せないものはもう初めから読んでいないのと同じことになってしまう。これは恐ろしいし哀しい。

 次からは見本誌感想メモは物理メモ帳と鉛筆にする。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

18022004.jpg
空ニ落チル なるなる文庫

 ある日目覚めると重力が反転していることに気づいた男。他は通常通りで、自分だけが空に向かって落ちていく症状に見舞われる。水を飲もうとするのだが水は男から見て上方向に落ちていく(実際は重力反転で男が天井に張り付いているため)ので鼻に入ってしまうなど、重力反転に伴う日常的な問題がリアルに描かれる。男が智慧を振り絞り基底現実で入手可能なものだけで重力反転をどうにか克服しようと足掻くさまが小気味いい。


18022001.jpg
SCALE 1/1 1/35少年
https://35boys.booth.pm/items/760054
 スーパーカブ110に荷物を載せて廃墟を巡る旅をカラーイラストと写真で綴る実録旅行記。バイクのイラストがいい味出している。旅の途中で巡り合った人々とのエピソードもいい。


18022002.jpg
ハーヴェスト BANCA

 作者さまが実際に育てた野菜についてイラストと文章で語る本。野菜の絵がいきいきしている。紹介されている野菜の栽培法や食べ方は作者さまの実体験に基づいているので、実際にやってみないとわからないリアリティがある。


18022003.jpg
イラストで巡る東京港の貨物鉄道今昔 豊洲機関区

 旅客鉄道に比べるとマイナーな存在である、東京港の貨物鉄道の歴史をイラストと文章で紹介する本。イラストが味がある。同じ場所の現代と過去の時間経過がイラストでわかるところがいい。鉄道の資料としても。


18022009.jpg
new work place ニダンカイダン

 ブラック企業に就職した主人公。その職場は文字通りブラックだ。ビル自体が真黒で、主人公が働く部署も真黒の部屋で、他の職員も真黒の服を着ているのだ。何もかも真黒過ぎてよく見えない。やらされる仕事も、なんだかわからない真黒のものを別の支社の真黒のビルに届けるというよくわからない仕事だったりする。
 「ブラック企業」を文字通り真黒の絵で表現したまんが作品である。画面を埋め尽くす真黒のクロスハッチングがすごい。


18022008.jpg
FOURTEEN 3 びりおんみくろん
 超能力を持った中学生たちが、自分たちの能力で見たものについて「不思議部」で謎を解明しようとする。3部作の完結編ということである。少年少女が遊ぶ夏の描写がいい。中学生が放課後に部活動をする楽しげな様子が伝わってくる。


18022007.jpg
植物学者マナと森のどうぶつたち なんにゃか

 4コマまんが。植物学者が森の植物やキノコのことについて森の動物たちと語る。毎回4コマめで落ちていて4コマとしての完成度が高い。シンプルでかわいい絵は見やすく画面がすっきりしている。


18022006.jpg
カッパ相談 渡りに船

 4コマまんが。女子高生がカッパに悩み相談する。カッパのキャラがいい。前半のひたすらな尻子玉ネタ推しは笑う。どれも4コマ目で落ちていて4コマとして質が高い。


18022005.jpg
LITTLE PORT MAGAZINE あやみ

 神戸のことや作者さまの生活のことなどをイラストと手書きテキストで手書き新聞風に描いたもののまとめ本。カラー印刷。神戸の街の様子などについて詳しい。字がきれいで見やすい。今までに60枚以上も書かれているという。

関連記事
スポンサーサイト