記事一覧

#コミティア123作品感想 3 「みっちりなるべくぎっしり」「スマートフトン」「初音ミクの3年前に考えた機械音声と声優のあり方」

みっちりなるべくぎっしり20180211 吉井徹 イラストとテキストでデジタル・アナログゲーム・コンビニグルメ・ホビークラフト・ネット番組などなど様々な話題をみっちりぎっしり詰め込んだ本。イラストとテキストの空間充填具合がすごい。テキストの上から手書きでさらに注釈が書き込まれているのがみっちり感がする。しかし読みづらいということがないのはまんがでいうコマ割りのようなレイアウトの効果か。女の子がかわいい。ク...

続きを読む

#コミティア123作品感想 2 「竜頭にして蛇尾の件」「蛇野主任は打ち上がらない!」「Mythos 10 ギリシア神話4コマ」

竜頭にして蛇尾の件 人界の歩法 幻種と呼ばれるクリーチャーが普通にサラリーマンをやっている現代社会の、頭が龍で蛇の尻尾を持つ蛇野主任と彼女が大好きすぎる人間の後輩くんのお話。先輩は冷血動物でありクールなのだが人の好意に慣れておらず後輩くんの積極的アタックに終始照れっぱなしなのがかわいい。蛇野主任は打ち上がらない! 人界の歩法 「竜頭にして蛇尾の件」の続編。あいかわらず蛇野主任がかわいい。蛇ゆえに肉...

続きを読む

#コミティア123作品感想1「月面到達法」「雪国」

月面到達法 スタッフWHY 「アフロ13号」の人類初の月面着陸が来月に迫った時。1969年がモデルだろう。少年タケルは望遠鏡で月を観察していて、ツケモノ石が月へ飛んでいくところを発見する。魔術谷博士が書いた本によると、月を構成するかぐや石という岩石は引かれ合う力を持ち、かつて隕石の衝突で地球へと吹き飛ばされ地球の土の中に埋もれたかぐや石のかけらが、土から取り出されると月へと飛び出して戻っていくことが...

続きを読む

掲載情報 「魔都継橋13消えないメモリー」 漫画の手帖特丸17号

171231漫画の手帖事務局発行「漫画の手帖特丸17号」に拙作「魔都継橋13消えないメモリー」が掲載されます。漫画の手帖事務局さまはコミケ黎明期から参加されている老舗同人雑誌で、コミックマーケット93で【31日 東ロ22b】に参加されていますのでそこでも手に入ります。その他これ以降のコミケやコミティア等の同人誌即売会、模索社、シカクオンラインショップなどでも手に入ります。2060年代という割りと遠い未来、古本屋の倉...

続きを読む

#コミティア122感想 読んだ本4 「バクちゃん」増村十七

「バクちゃん」増村十七http://mavo.takekuma.jp/title.php?title=68 #電脳マヴォ 宇宙人が住んでいる他の星にも通じる宇宙鉄道がある現代日本を舞台にしたSFカラーまんが。多種多様な宇宙人の他、幽霊やロボットなど多くの種族が混在している世界観は楽しい。宇宙から日本に来たバクちゃんが滞在に必要な手続きをするためにお役所にいくと、読めないよくわからない書類にハンコを押すことを求められる。バクちゃんが「慣習になら...

続きを読む

訪問者数

プロフィール

kurobokuya

Author:kurobokuya






掲載作品一覧→http://kurobokuya.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

最新コメント